事務局:095-820-6562 長崎市経済局水産農林部水産農林政策課
ガイドブック
ダウンロード

長崎で獲れる季節の魚たち

  • レンコダイ(キダイ)
    以西底曳網漁業や延縄漁で大量に漁獲され、
    ハレの日によく用いられていた魚。
    刺身や南蛮漬け、塩焼きで。
  • カツオ類
    秋、戻りガツオの漁獲が始まると
    全国的にも高い値がつく長崎のカツオ類。
    EPAやDHAなど、栄養面でも効果が期待できる身は刺身やたたきで。
  • イトヨリ
    延縄、一本釣りで漁獲される長崎のイトヨリは、全国有数の漁獲量。
    クセのない白身には脂がのり、
    刺身、塩焼き、吸い物、かまぼこなどで美味。
  • カマス
    刺網等で多く漁獲されるカマスは全国有数の漁獲量。
    脂がたっぷりとのった美味しさは、
    さんまより早く秋を告げる味わいという話も。
  • モチウオ(イボダイ)
    盆明けから漁獲され、
    長崎では秋を告げる魚と言われています。
    骨が柔らかいので、骨ごと食べられます。
  • サバ
    11月~12月、脂がのった美味しさをお届けするサバは、
    長崎が漁獲量全国1位。
    塩サバなどジュワッと食べるもよし、水炊きにしてさっぱり食べるもよし。
  • ミズイカ(アオリイカ)
    イカの漁獲量全国3位を誇る長崎の秋の味覚。
    小振りながらも身が柔らかくなる
    この時季ならではの味わいをご堪能ください。

ページトップへ戻る