事務局:095-820-6562 長崎市経済局水産農林部水産農林政策課
ガイドブック
ダウンロード

お知らせ

2015.07.03

魚の達人に聞く!!~知らんかったばい~

このコーナーでは、「長崎の魚」のお仕事に携わっている生産者など様々な方の“熱い思い”や、知っているようで意外と知らない“豆知識”をお届けします!!
今回は長崎市戸石町で7月19日から開催される「戸石はも・かに祭り」について、戸石フレッシュ朝市運営協議会会長の牧島雅和さんにお話を伺ってきました!

 

インタビュー:戸石フレッシュ朝市運営協議会 会長 牧島雅和さん

1 牧島会長

~~はも・かに祭りのはじまり~~

戸石フレッシュ朝市のオープニングにあわせ、「はも祭り」として開催したのがはじまりです。
戸石では以前からたくさんハモが揚がっていましたが、長崎ではあまり食べられずに京都へ出荷されていました。
長崎でも気軽にハモを味わってほしいと思いはじめた祭りが、今年でなんと14回目となりました。
実は、こんなにも戸石のハモが市民の皆様に愛されるとは思ってもいませんでした!

 

~~戸石のハモのこだわり~~





ハモの旬はまさに夏のこの時季!
橘湾でとれるハモの売りは何と言っても“新鮮さ”です!
毎年楽しみに待ってくださっているお客さんのため、産卵期で脂が乗ったハモを活魚で販売します。
活きハモを使った湯引きの美味しさはまさに格別!
この時季しか食べられない戸石のハモを、ぜひ味わってください。
2 はも3 はも湯引き


~~カニはぷりぷり感を楽しんで!~~

カニ(ワタリガニ、ガザミ)は身のぷりぷり感がとっても美味しい!
今が旬のメスは内子(卵が甲羅の中に入っている)と外子(卵が甲羅の外に出ている)に分けられますが、内子の方が濃厚で人気です。
水から10~15分茹でて食べるのが一般的ですが、炭火で焼いて食べるのが漁師のオススメ!
4 ガザミ5 かにボイル



 戸石はも・かに祭りの詳細はこちら
DSCN08707 祭りの様子8 はも・かに料理

ページトップへ戻る