事務局:095-820-6562 長崎市経済局水産農林部水産農林政策課
ガイドブック
ダウンロード

和食レシピ

和食レシピ

夏が旬/イサキの若菜焼き

地産地消アドバイザーの脇山順子先生

順子先生トリミング

材料

4人分

・イサキ(三枚おろし) 4切れ

・卵黄 2個分

・刻みパセリ 大さじ1

・いりごま(白) 大さじ1

・生野菜かゆで野菜 適量(写真はからし菜、トマト)

・酒 大さじ3

・濃口しょうゆ 大さじ3

・みりん 大さじ3

作り方

1.イサキにAで下味をつけ、約10分置く。

2.水気を拭き、皮目を下にして、クッキングシートを敷いた天板に並べる。

3.刻みパセリを混ぜた卵黄を2~3回塗りながら、220℃に熱したオーブンで焼き色がつく程度まで約10分間焼く。※卵黄は皮目の方には塗らない。

4.焼き上がりにいりごまをちらす。

5.皿に盛り付け、野菜を添えると出来上がり。

※少量の塩とコショウで下味をつけて、ねり梅を加えたマヨネーズやみそを塗って焼くと、香ばしく食欲をそそります。

※魚を(切り身ではなく)一尾購入したときは、早めに三枚におろしてください。 「自信がない・・・」という方でもご安心!魚屋さんにお願いしてもよいですよ。

夏にオススメ/イサキ

漁獲量全国1位のイサキは、定番の塩焼の他、刺身や煮付け、たたきも美味しい。特に、5~6月は産卵前で脂がのっていて絶品と評判。

ページトップへ戻る