事務局:095-820-6562 長崎市経済局水産農林部水産農林政策課
ガイドブック
ダウンロード

和食レシピ

和食レシピ

夏が旬/おかべ

おかべとは?

「鯵のおかべ寿司」のことで、ご飯の代わりにおからを用いたもの。長崎の郷土料理で古くは江戸時代から食されていたとか。
ちなみにおかべは、豆腐の異名で、豆腐が白壁に似ていることからついた名であるといわれています。

野母婦人会

ながさき味わいの匠」の1団体として、野母崎地区で郷土料理の普及活動を行っています。

野母婦人会

材料

【〆鯵】

  • あじ 500g ※さば、このしろでも可
  • 塩 50g

【A】

  • 酢 1カップ
  • 砂糖 大さじ2
  • みりん 大さじ1
  • しょうが 少々
  • 昆布 少々

【おかべ】

  • おから 200g
  • 干ししいたけ 2枚
  • にんじん 30g
  • ねぎ 少々
  • 甘酢生姜 適量
  • 大葉 10枚
  • サラダ油 少々

【B】

  • 砂糖 50g
  • 薄口醤油 大さじ2
  • 酒 大さじ1
  • 塩 小さじ1

作り方

  1. 鯵は3枚におろして、塩(50g)をふって、10分ほど置いてから水で流す。
  2. 1を身の周りが白くなり、中心は魚肉の色が残る程度までAに漬けたあと、皮を剥いで、適当な大きさに切る。
  3. 干ししいたけを1カップの水で戻す。※戻し汁は捨てない
  4. 戻したしいたけとにんじんは2㎝位の長さに千切りにする。
  5. サラダ油少々で4を炒め、しんなりしてきたらおからを加えてさっと炒めてしいたけの戻し汁を加える。
  6. 5にBを加え、しっとりなるまで炒めて火を止める。
  7. 6に小口切りのねぎ、みじん切りの甘酢生姜を加えて冷まし、20個に丸める。
  8. ラップを広げ、甘酢生姜、2、半分に切った大葉、7の順に乗せてラップで茶巾しぼりにする。ラップを外して盛り付けて完成。

夏にオススメ/アジ

一本釣りで丁寧に取り扱われた300g以上の極上あじ「野母んあじ」や、獲った後の一手間で脂が全身に行き渡る贅沢あじ「ごんあじ」など、全国1位の漁獲量を誇ります。

ページトップへ戻る