事務局:095-820-6562 長崎市経済局水産農林部水産農林政策課
ガイドブック
ダウンロード

長崎の新・ご当地グルメ

長崎の魚、スープで楽しむ。
「そっぷ」とは、オランダ語で「スープ」のこと。
鎖国時代、出島のオランダ商館で食されていた味わいを現代風にアレンジ。
魚の美味しさをまるごとお楽しみください。
魚介からとったスープには、長崎産の魚や野菜などの具材たっぷり、旨味もいっぱい。ライスやパンと一緒に食べれば、何層にも広がる美味しさがひとつになって、お腹も大満足。
魚介からだしをとった具だくさんの汁物に加え、長崎産の旬の刺身をはじめとした三菜がうれしい。素材の味を楽しんだ後、ご飯に具材をのせ、スープをかけてお召し上がりください。
サバとパンの美味しい出会い。
「サバ」と「パン」の意外な組み合わせが生む絶妙な美味しさ。
脂ののった厳選サバのジューシーさと、
フレッシュな野菜のコラボがクセになる味。
シンプルなレシピだからこそ、素材が生きた奥深い味わいの「サバサンド」。バンズや野菜、味付けなど、提供各店の特徴がギュッと凝縮されたファストフードをぜひ食べ比べてみてください。
長崎の魚を使ったら、パスタにも旬ができました。
外海地区はフランス人宣教師ド・ロ神父が日本で初めてパスタを伝えた地。
長崎の魚をふんだんに使ったパスタは
シンプルな味わいの中に旬を感じる贅沢な逸品です。
名前に「海」の字を持つ地区だけに、豊富な魚介が魅力の外海地区。ド・ロ神父の外海への思いがつまったパスタと四季折々の海の幸がコラボした「ド・ロさま海鮮パスタ」は、外海地区の料理店でのみ味わうことができます。

ページトップへ戻る