事務局:095-820-6562 長崎市経済局水産農林部水産農林政策課
ガイドブック
ダウンロード

今月の旬の魚

2016.10.01

10月の旬の魚は「レンコダイ」

10月の旬の魚は「レンコダイ」。
マダイよりも小さめの鯛で、大きいものでも体長40cmほど。全体的に美しい朱色をしていて、目元や背中がほんのり黄色いことから「キダイ」とも呼ばれます。
見た目はとても愛くるしく、実に華やか。「めでタイ」と縁起の良さもあいまって、昔から祝い事には欠かせない魚です。
shun201610_01
長崎はレンコダイの水揚げ高全国1位! その中でもナンバーワンの水揚げ高を誇る山田水産の鮮魚販売課課長、高瀬茂男さんにお話を伺いました。
山田水産は伝統的な漁業「以西底引き網」の国内唯一専業漁業会社。2隻の漁船で1つの大きな網を引く漁業で、ロープ、網の長さを足すと約1500mもあるのだとか。水揚げに占めるレンコダイの割合も高く、総漁獲量の3分の1、約1300tにもなるそうです。

shun201610_02
「長崎のレンコダイはとくにおいしい! 福岡や大阪でも好評です」と高瀬さん。漁場である東シナ海には、レンコダイが好む質のいいエサがたくさんあるのです。
「おいたちが子どもの頃はレンコダイは高級品やったけど、安定して獲れるようになってからはスーパーでも気軽に買えるようになったね」と話す高瀬さんに、おすすめの調理方法を教えてもらいました。
レンコダイはおおむね70gから500gくらいのものが市場に出回ります。大きいものは焼き鯛や煮付けに、100g以下のものは南蛮漬けにするのがベスト。ここだけの話、小さなものは他県ではあまり好まれないそうですが、長崎はちょっと事情が違うとか…。
「実はね、レンコは酢との相性がバツグンさ。長崎の人はそいばよう知っとるけん、小さかレンコも上手に料理して食べるとよ!」
毎秋、長崎市で開催される「長崎さかな祭り」では、必ずといっていいほどレンコダイのさばき方教室が催されるという情報も教えてくれました。
さばけるようになりたい人は行ってみてはいかが? 

山田水産自慢の海産物は、11月から長崎市のふるさと納税のお礼の品に登場予定。旬の魚がたくさん詰まった贅沢なセットです。問い合わせは長崎市商工部ふるさと納税推進室へ(℡095・829・1296)。

 

ページトップへ戻る